2度の出産でサロンの売上げを65万円から5万円まで落ちた売上をV字復活させた方法

今回ご紹介するデーターは、自宅ネイルサロンをされているオーナーさんです。

入会当初は、10万円台の売上でしたが、じつは、その前には、同じ自宅サロンで月に67万円も売り上げるサロンでした。

ですが、わずか4年後には、67万円の売上が、5万円にまで減ってしまったのです。

現在(2017年)は、40万円台に売上を戻しています。

じつは、このようなお悩みを抱えているサロンオーナーさんは多いようです。

このようなご相談をたくさん頂きます。

では、たくさんあった売上が、ドンドン落ちていく理由、そして、V字回復させたポイントなど、実際のメンバーさんの振り返りをご紹介しながら、お伝えしたいと思います。

【振り返り】
8月は新規の数も多く、目標を達成する事ができました。

ホームページからの新規が多いのも、2ショット写真を公開しているので、お客様が安心してご連絡下さるんだなーと感じています。新規のお客様アンケートでも『安心して来れる感じがした』とお声をいただけました。2ショットの力はすごいですね!またブログも毎日更新する事ができています。

ただ、新規のお客様でちょっと期待に応えられなかったなーと反省する事があり、リピートに繋がらないお客様がみえました。あきらかに当店の雰囲気とは異なり、きっとお客様にもご満足いただけなかった気がします。もう少しお客様に寄り添った接客を気をつけたいです。

LINEアットは毎週月曜の朝に送る!と決めて、1週間の予約の空き状況を送っています。反応のない時もありますが、LINEアットを見て連絡を下さるお客様もみえるので、ブロックや解除は気にせず、今後も為になる情報も含め送っていきたいと思います

秋の閑散期いかにフットを続けてもらうかが重要だと感じるので、アプローチをしっかりとしていきたいです。今年の夏からのフットのお客様で、『冬もフットってするんですか?』と聞かれた時に、以前の私だったら『夏だけの方が多いですねー』と答えていました。それが『1年通してフットされるお客様もみえます。冬のネイル、特にクリスマスのアートはすごくかわいいんですよ!』と、さらっとお答えできた自分に驚きました。

意識が変わったんだと思いました。

もちろん、今の自分は秋のフットネイルをしています。1年を通してフットネイルをする良さをポップやチップボードで伝え続けていきたいと思います。

コンサルをお願いして丸1年。気付けば昨年8月の売り上げの3倍になっていました。金額にしたら30万アップ。1年前は正直もう頑張っても無理かも…と思っていました。

コンサルをお願いしても結果を出す自信は全くありませんでした。でもやり続ける事で、お客様が増えていくのを今年の5月辺りから感じました。

自分に合った正しい行動をすれば結果はちゃんとついてくるって、こういう事なんだって少しだけ分かった気がします。

そして、ネイリストとしての在り方、接客の大切さを身にしみる程感じました。接客DVDは何度も何度も見直しました。8月を終え、今は12月に向けてまた準備を始めようと思います。

秋の閑散期は先生がおっしゃっていたように、単価よりも客数を意識していきたいと思います。今のところ9月は30名のご予約をいただいているので、40名を目標にあと10名集客していきたいと思います。単価は高くなくても、とにかくご来店いただけるよう、シンプルフットネイルやフットオフのキャンペーンを用意してアプローチしていきたいです。

ハロウィンのチップも作成にとりかかったので、出来上がり次第、店頭に並べたいと思います。

先生のブログの『ネイルサロンの9月の大切な準備について』グルコンに参加されたみなさん感想はとても参考になりました。私もしっかりと準備、行動していきたいと思います。

2017年8月、ちょうど1年前に90日ネイルコンサルにご入会頂きました。その時の売上が14万円、その年の1月から4月までは10万円以下の売上でした。

コンサル入会後、1年間、2017年7月の売上は46万円、8月は44万円です。昨年対比328%、売上は3倍にも伸びました。

 

ピーク時の最高売上は67万円、そこから一気に5万円まで売上が下がった理由

 
 

こちらのネイリストさんが、自宅サロンで67万円もの売上を上げれた理由は、「地元のタウン誌への広告掲載」だったそうです。ネイルサロンの広告を掲載したところ、たくさんの集客が出来ました。

そのピークが、2011年7月の67万円というデーターです。

この数字は、2011年の3月から6月まで、徐々に上がっています。知名度も広告によって、上がっていたのでしょう。そして、ネイルサロンのピーク、7月を迎えてその売上は67万円にまで跳ね上がります。

問題は、その後です。7月に売り上げた67万円は、年末の最盛期である12月には、売上を伸ばすどころか、逆に48万円と売上を下げてしまっています。

2012年は、それが顕著になります。2012年7月の売上は48万円、2012年の12月には31万円と、1年半前の7月の売上の半分以下にまで下がってしまいました。

そして、この売上ダウンに、さらに追い打ちをかけたのが、「出産」です。

2013年の1月から3月まで産休をとって、2013年4月から産休明けの売上は、14万円、10万円台にまで、売上が下がってしまいました。

その後、2013年から2015年まで、10万円台〜20万円台をウロウロして、

2015年7月から第2子を出産、産休明けの2015年10月には、とうとう売上が、5万円台にまで、落ちてしましました。

その後、10万円以下の売上が続き、2016年8月に90日ネイルコンサルにご入会頂きました。

という経緯です。

67万円の売上が4年間で、5万円にまで下がってしまった経緯です。

 

まずは、売上が下がった原因を見つける

 

このようなパターンの場合、まず一番最初に行う事が、「売上が下がった原因」を見つける事です。

バケツの穴を探す事です。

売上が下がってしまったポイントは大きく分けて3つあります。

・技術的要因
・接客要因
・環境要因

などが考えられます。

その中でも、さらに具体的にすると

1,67万円から30万円にまで下がった短期的な原因
2,売上がドンドン下がってくる長期的な原因
3,出産前後の準備不足

このようなことが、考えられます。

コンサルでは、この部分を明確にして、さらに具体的なアドバイスをして行きました。

 

売上が、5万円から46万円にまで、V字回復した理由

 

下がった原因を明確にして、それを改善していきます。つまり、「バケツの穴」をふさぐという事をしました。

 

では、具体的に「バケツの穴をふさぐ」とは、どんなことをしたのでしょうか?

どうすれば、67万円から5万円までに、落ちた売上を40万円まで戻すことが出来たのでしょうか?

この先はこちらでお伝えしています

 

 

この先はこちらの会員サイトで読む事が出来ます。

※登録すると1週間無料で試用することができます。

 

これからネイルサロンの開業をお考えの方、ネイルサロン経営についてお悩みの方は、無料のメールセミナーもぜひ読んで見て下さい。

本気でネイルサロンの売上を上げたい!サロンオーナーさんのための10日間無料メールセミナー