スクリーンショット 2016-08-27 13.00.51

9月から11月の中旬までは、秋の閑散期に突入します。

夏からのイベントが多く、フットネイルも一年で一番の多く出る時期から、ネイルの需要が落ちこむ時期でもあります。

昨年のデーターを確認しても、9月。10月、11月の売上、客数の推移を再度確認しておくことは必要です。

どうしても、7月、8月と、12月の間の「谷」になる時期ですので、ここの「谷」を出来るだけ下げないような計画と準備が必要になってきます。

この時期が、落ちこむ時期だと最初から、わかっているので、しっかりと対策を立てていく事が必要でしょう。

 

9月からの閑散期に備えて、コンサルメンバーさん達には、このようなことをお伝えしています。
 
 


1,ブログに2ショットを掲載する

2,秋のデザインを見せる(ハンド、フット)

3,7月、8月の新規客のアフターフォロー(新規DM以外)

4,夏のお客さま満足アンケートを集計して、改善策をリストアップする

5,個別の問題について、対策を取る。

このように基本的な、5つについて、しっかり対策を取ることが必要になってきます。

例えば、

1,ブログに2ショットを掲載する

7月、8月にたくさんのお客さまにご来店頂いて、2ショットを撮らせて頂いたものを、ブログで御所回することで、秋からの新規客の取り込みを強化していきます。

やはり、新しいネイルサロンを検索しているお客さまで、行ってみようと思う検討されるネイルサロンに入るためには、ネイリストさんがきちんと見えることが重要です。

メンバさーんのサロンでも、2ショットをブログに乗せるようになってから、新規客が増えたという報告が増えています。

ここは、しっかりとタイムリーなブログなどに、お客さまとの良い関係性が見えるような、2ショットを載せて、秋の新規客にアピールして行くことが目的です。

2,秋のデザインを見せる(ハンド、フット)

これは、8月から必要な準備ですが、秋のデザインを先に見せるという事が大切です。

「次回に、このデザインをやりたい!」実際のネイルデザインを観て頂いて、お客さまにこのように、思って頂くことが、次回来店の大切な準備になります。

この際には、秋のハンドデザインだけではなく、フットデザインも準備しておくことが大切です。

デザインのバリエーションも、「ハイデザインで高額なもの(アップセル)」だけで無く、「シンプルで安価なもの(ダウンセル)」も準備しておくことが大切です。

特に、秋には、イベントが少ない時期でも、ネイルを継続して頂くためには、「シンプルで安価なもの(ダウンセル)」を提示することが効果的です。

0か100?か、やるか、やらないか?ではなく、50とか60という、安価でも、やって頂くための準備をしておくことが大切です。


3,7月、8月の新規客のアフターフォロー(新規DM以外)

夏に、新規のお客さまが増えるサロンさんは、多いと思います。こちらも、6月、7月、8月の新規客数を明確にしておくことが大切です。

さらに、夏だけネイルをするというお客さまも、いらっしゃるかもしれませんが、夏に集客した新規客を、フォローすることで、秋の再来店を促しましょう。

新規DM3枚は、当然、出していると思いますが、それでも、再来につながらない場合は、夏にご来店頂いた新規のお客さまに、秋のネイルのアプローチをしっかりととっていきましょう。

秋の再来キャンペーンや個別でのお誘い、残暑見舞いなど、まずは、「サロンを思い出して頂くこと」「秋のネイルのお役立ち情報」そして「また行ってみたくなるようなオファー」これらを、メールやDM、ブログなどでアプローチします。

とても、重要で効果的な方法です。


4,夏のお客さま満足アンケートを集計して、改善策をリストアップする

コンサルメンバーさんには、夏と冬の繁忙期に、「お客さま満足アンケート」をするように、お伝えしています。

その理由は、たくさんのお客さまに来て頂く時期だからです。また、夏と冬では、お客さまの意識や気づき、サロン環境も違ったりしますので、この時期に行う事を勧めています。

夏に頂いたアンケートを集計して、既存のお客さまのご意見をサロン運営に活かすような計画、プランを立ててみましょう。

アンケートは、集計して、そこから、どんな事を得るのか?実際の行動につなげるのか?という事が最も大切です。

しっかりと、お客さまの声を反映させるサロンにしていくためにも、これは、とても重要です。


5,個別の問題について、対策を取る。

これについては、コンサルメンバーさん達は、個別セッションで、サロンさんごとの問題、課題、悩みについて、1つ1つ対策を立てたり、解決するための計画や準備をしていきます。

個別の問題を明確にするためには、やはり、データーが重要になってきます。

1年間のデーター、昨年のデーター、シーズンごとのデーター、売上の推移、客数の変化、など、年間を通したデーターから、上手くいっている原因、上手く行かない原因、今度の課題、問題点をサロンごとに明確にして、それぞれの対策を立てていきます。

そうすることで、このようなコンサルメンバーさんの様に、秋でも、売上を上げ続けているという成果を出すことも可能です。

スクリーンショット 2016-08-27 12.43.17

こちらのメンバーさんは、実際に、秋に向けての具体的な計画を立てて、実行して行ったので、素晴らしい結果を出されています。

このような結果から、秋の閑散期もしっかりと対策を取ることで、売上をあげていく事も可能です。
 
9月のミニセミナーのお知らせ
 
 

秋からの閑散期に向けて、その対策を詳しくお伝えするミニセミナーをご用意しました。

「9月からのネイルサロンの売上を守る準備セミナー」

9月からの秋の閑散期の売上を上げる方法についてお伝えします


IMG_0879

● 日時: 9月13日(火) 13時〜16時
● 会場: 東京駅八重洲 あすか会議室 303C

o0350029312813814452

● 参加費: 5000円(税込) 

お申し込みは、こちら


ミニセミナーで、参加しやすい料金となっております。

このセミナーに参加して、秋からの閑散期の準備をしっかりとしていきませんか?